鉄道研究室ネット

     

富山

呉羽                                   東富山
西富山                                   

○駅概要○
 富山県の中心駅「富山駅」です。この駅は北陸本線の駅であり高山本線の終着駅でもあります。駅は高山本線が1面2線、北陸本線が2面4線で合計3面6線の 駅です。当駅には高山本線の特急「ひだ」を含めた全列車と、北陸本線の特急「サンダーバード」、「しらさぎ」を含めた全列車が停車します。また新潟方面に向 かう特急「北越」、越後湯沢へ向かう特急「しらさぎ」も停車します。乗り場は1・2番のりばが高山本線 上り猪谷方面、3・4番のりばが北陸本線 上り金沢 方面、5・6番のりばが北陸本線 下り直江津方面です。そのうち北陸本線の本線は3番のりばと6番のりばです。また始発電車などは乗り場が変更になるので電 光掲示板で確認する必要があります。大阪方面の「サンダーバード」は基本的に3番のりばから名古屋方面の「しらさぎ」は基本的に4番のりばから発車すること が多いです。ワイドビューひだ号は基本的に1番のりばから発車します。また当駅の1・2番ホームは島式ホームではなく単式ホーム1面1線でそのうちのホーム の金沢よりに切欠ホーム型の1番のりばがあります。駅の構造は各ホームは跨線橋でつながっており6番のりばの隣に北改札があります。正面口改札に出るには跨 線橋で一度1・2番ホームに降りてここから仮通路を経由して改札口を通る必要があります。また改札外での南北の通り抜けは出来ません。駅の利用客数は約15000 人/日となっておりラッシュ時はホームが混みあうことが多いです。日中も乗り換え客などで混むこともありますね。駅構内にはみどりの窓口が設置されておりホー ム上にはベンチ、自販機、待合室が設置されています。トイレは各改札口付近に設置されています。またバリアフリー化に対応してエスカレーターが設置されてい ます。また南口改札を抜けると店が数店あり観光案内所などもあります。こちらにも待合室が設置されています。駅周辺には駅の南側には駅前に大規模なロータリ ーが整備されておりビルや会社そしてホテルが多くあります。また富山地方鉄道市電の富山駅前駅も駅を出たすぐそこにあります。駅から少し離れると多目的ビル や店が見えてさらに進むと富山市の住宅街となります。マンションなども数多くありますね。駅から少し離れますが駅前の道路をしばらく進むと富山県庁・富山市 役所そしてその奥には富山城公園があります。駅の北側には同じくロータリーが整備されており会社や銀行そしてホテルなどがあります。駅前のロータリーには富 山ライトレールの富山駅北駅があります。駅の西側には有名な神通川が流れています。

○駅放送関係○
 この駅では接近放送と発車メロディーが使用されています。スピーカーも設置されており位置も低めで数も多いので収録がしやすいです。主な収録場所はホーム 端をお勧めしますね。ただし音量が少し小さめなので密着収録をお勧めします。

1番のりば高山本線
猪谷、高山、名古屋方面
接近放送未収録です。
2番のりば高山本線
越中八尾、猪谷、飛騨古川方面
接近放送未収録です。
3番のりば北陸本線
金沢、福井、京都方面
接近放送特急トワイライトエクスプレス 大阪行き発車メロディーです。
4番のりば北陸本線
高岡、金沢、福井方面
接近放送普通 金沢行き発車メロディーです。
5番のりば北陸本線
魚津、糸魚川、直江津方面
接近放送未収録です。
6番のりば北陸本線
直江津、長岡、新潟方面
接近放送未収録です。

○駅写真○
こちらでは管理人が撮影した駅写真を公開しています。是非見てください。

富山駅駅名標識 富山駅構内 富山駅スピーカー
この駅の駅名表は西日本の新型となっています。駅は3面6線となっています。手前が4番のりば、奥が5番のりばです。スピーカーも設置されていますが音量が小さめです。

富山駅駅舎
当駅の駅舎の写真です。主要駅であるのにもかかわらず簡素な駅舎ですね。

 トップページへ  駅調査ガイドへ