鉄道研究室ネット

     

静岡

東静岡                                   安倍川
新富士                                   掛川

○駅概要○
 この駅は東海道本線の駅となっており新幹線の駅でもあります。駅構造は在来線は2面4線で新幹線は2面2線で合計4面6線の高架駅となっています。当駅には 東海道本線の普通、ホームライナーそして特急「ふじかわ」が停車します。また下りのサンライズ瀬戸・出雲号も停車します。また新幹線は1時間に2本でこだまが全て 停車し1時間に1本でひかりが停車します。しかしながらのぞみは当駅には一本も停車しません。駅構造は1、2番線が上り、3、4番線が下りそして5、6番線が 新幹線ホームとなっています。在来線の本線は1、4番線で2、3番線は当駅始発の列車などが使用しています。在来線は日中は基本的に1時間に5本(興津〜島田)設定されており 本数も比較的多いです。駅の利用客数は約58000人/日となっておりラッシュ時は駅が混雑します。駅構内にはみどりの窓口が設置されておりホーム上に自販機、待合室が 設置されており改札付近コンコースにトイレもあります。改札は新幹線、在来線ともに一か所のみで改札は南北自由通路に面しています。駅ビルにはデパートやショッピング 施設があり買い物客も多いです。駅周辺には駅前にロータリーが整備されており会社、ビル、デパートが並び都会のイメージです。静岡の中で一番大きな駅ということもあり 駅前にも人が多く込み合っています。静岡市の行政施設の最寄駅でもありホテルなども数多く立ち並んでいます。

○駅放送関係○
 この駅の在来線ホームでは接近放送が設置されています。スピーカーは数か所に設置されており音質はいいと思います。スピーカーの高さは普通で一脚があれば普通にとどくと 思います。発車メロディーの使用はありませんが車外メロディーはあるので発車時には車外メロディーが流れます。新幹線ホームには接近放送が設置されておりスピーカーも 設置されています。ただ接近放送収録の際、タイミングが悪いと新幹線の通過音と被ってしまいます。

1番線CA:東海道本線
興津、富士、熱海方面
接近放送未収録です。
2番線CA:東海道本線
興津、富士、熱海方面
接近放送未収録です。
3番線CA:東海道本線
焼津、掛川、浜松方面
接近放送未収録です。
4番線CA:東海道本線
焼津、掛川、浜松方面
接近放送普通列車 浜松行き接近放送です。
5番線■東海道新幹線
三島、新横浜、東京方面
接近放送こだま638号 東京行き接近放送です。
諸事情で最後の放送は入っていません。
6番線■東海道新幹線
浜松、名古屋、新大阪方面
接近放送こだま841号 新大阪行き接近放送です。
諸事情で前のチャイムが入っていません。

○駅写真○
こちらでは管理人が撮影した駅写真を公開しています。是非見てください。

●在来線●
静岡駅駅名標(在来線) 静岡駅構内(在来線) 静岡駅スピーカー(在来線)
この駅の駅名標は東海ナンバリング型が使用されています。在来線ホームは2面4線となっており本線は1、4番線です。当駅始発の列車も多数存在します。スピーカーの設置もあります。

●東海道新幹線●
静岡駅駅名標(新幹線) 静岡駅構内(新幹線) 静岡駅スピーカー(新幹線)
この駅の駅名標は東海型が使用されています。新幹線ホームは2面2線の相対式ホームで真ん中の2線は通過線となっています。スピーカーの設置もありますね。

●その他●
静岡駅の駅舎 静岡駅の自由通路
当駅の駅舎の写真です。新幹線側から撮影しました。コンコースも写真の通りになっており立派です。

 トップページへ  駅調査ガイドへ