鉄道研究室ネット

     

武蔵小杉

向河原                                   武蔵中原
西大井                                   新川崎

○乗り換え路線(鉄道研究室ネット内)○
 ■東急線 武蔵小杉駅

○駅概要○
 この駅は南武線と横須賀線(品鶴線)・湘南新宿ラインと東横線、目黒線との乗り換えができるターミナル駅です。横須賀線ホームはつい最近の 2010年3月13日より開業され以前までは全列車通過していました。利用客は7万7千人と非常に多く川崎の中でもとても大きな駅へと発展しました。 当駅には南武線の各駅停車・快速と臨時特急「リゾート踊り子」が停車し横須賀線ホームには横須賀線の普通が停車し湘南新宿ラインの普通、快 速、特別快速が停車しそのほかにも当駅を経由する「踊り子」号や特急「成田エクスプレス」も停車します。東横線方面も交通がよく当駅から横 浜方面、地下鉄線を直通し西高島平、東浦和方面へ結ばれています。また意外なことに当駅の横須賀線ホームには東海道線、横須賀線、宇都宮線、 高崎線、総武線方面への直通電車が走っているため東京からの幹線アクセスが非常に充実しています。またさらに川崎循環鉄道の駅になるという 計画もあるのでますます発展する駅へとなっていくでしょう。実は当駅の地下には武蔵野貨物線が走っていたりします。駅付近には新幹線の走っ ている姿も見ることが出来ます。また駅構内にはみどりの窓口、自販機、ベンチが設置されています。駅蕎麦屋は未調査です。改札口は大きく北 改札と横須賀線南改札が設置されておりそれぞれの乗り場から南武線、横須賀線ホームへ移動することができます。一応駅は同じですが南武線と 横須賀線のホーム移動だけでも8分はかかるため南武線を利用する場合は北改札、横須賀線を利用する場合は南改札を利用するのがいいと思いま す。改札はつながっていますが離れているため改札の外に出て乗り換える方法もあるそうです。ラッシュ時は連絡通路はとても混みあいます。駅 周辺にはショッピング施設や高層マンション、ビルが広がっています。遠くには川崎のビル群を見ることもできます。駅から離れると住宅地やマ ンション街が広がっています。工場なども比較的多いと思いますね。

○発車メロディー○
 当駅の発車メロディーは1番線が「ナンバーワン野郎!VerB」、2番線が「ナンバーワン野郎!VerA」、3番線が「淡い恋心」、4番線が「SF 10−43」が使用されています。1・2番線は以前は1番線は「夏色の時間」、2番線は「雪解け間近」が使用されていましたが2014年2月16日に ご当時メロディーに変更されました。3番線の曲は当駅の他に品川駅9・10番線でも使用されています。ただ当駅の方が先に使用されています。4番 線は常磐線 柏駅でも使用されています。スピーカーは南武線ホームはRoland型が使用されていますが横須賀線ホームはユニペックス小丸型が使用さ れています。音質は両方とも良いですが音量がやや小さいです。スピーカーの高さは両方ともやや低めですが一脚があると便利だと思います。ラッシ ュ時に収録される方は雑音も入り音量も小さいので一脚は絶対にあったほうがいいと思いますね。基本的にホーム端収録がお勧めです。そして鳴りや すさですが1・2番線ともに日中でも余韻までは鳴りやすいです。ラッシュ時だと更に鳴りやすくなり2コーラス目にも入りやすくなります。日中で も粘れば2コーラス鳴ることもあるので日中収録もお勧めします。そして3、4番線は横須賀線よりも時間に余裕のあるSSのほうが鳴りやすいと思い ます。特急は時間に余裕がないので鳴りずらいです。駅員がベルを扱うので日にもよりますが……。でも、私なりに平日のラッシュ時が一番鳴りやす いと思います。運がいいと2コーラス鳴ることもあります。

2014年2月16日〜:現在使用中
1番線JN:南武線
鹿島田、川崎、浜川崎方面
発車メロディー余韻切りです。日中でも利用客が多く時間に余裕がある電車が多いので高確率で鳴りやすいです。
2番線JN:南武線
武蔵中原、登戸、立川方面
発車メロディー余韻切りです。同じく日中でも余韻は鳴りやすいです。ラッシュ時なら2コーラス目に入りやすくなりますね。
3番線JO:横須賀線
横浜、大船、逗子、久里浜方面
JS:湘南新宿ライン
横浜、大船、逗子、小田原方面
SO:相鉄線直通
羽沢横浜国大、大和、海老名方面
発車メロディーフルコーラスです。日中でもこのくらいなら普通に鳴ると思います。駅員操作であるため日にもよりますが遅れると鳴りにくくなりますね。
4番線JO:横須賀線
品川、東京、千葉方面
JS:湘南新宿ライン
新宿、大宮、高崎、宇都宮方面
発車メロディー1.3コーラスです。この曲なんか常磐線のイメージが強いですけど横須賀線にもあっていますね(笑)。特急・横須賀線よりも湘南新宿ラインが鳴りやすいです。

2014年2月15日まで
1番線JN:南武線
鹿島田、川崎、浜川崎方面■■
発車メロディー余韻切りです。日中でもこのくらいは当たり前です。でもこの曲を聴くと新宿から高崎線の旅へと出る感じです。
2番線JN:南武線
武蔵中原、登戸、立川方面
発車メロディーなんと2コーラスです!!ちなみにこの曲私が気に入っている曲でもあります。当駅が初採用でもあります。

○駅写真○
こちらでは管理人が撮影した駅写真を公開しています。是非見てください。

●南武線●
武蔵小杉駅駅名標(南武線) 武蔵小杉駅構内(南武線) 武蔵小杉駅スピーカー(南武線) 
この駅の駅名標は2017年11月16日よりナンバリング新型が設置されています。駅名標と路線図・時刻表が一体化した面白い駅名標です。駅は2面2線の相対式ホームでラッシュ時はホームがとても混雑します。スピーカーはRoland型が設置されており位置が低いので収録がしやすいです。

●横須賀線・湘南新宿ライン●
武蔵小杉駅駅名標(横須賀線・湘南新宿ライン) 武蔵小杉駅構内(横須賀線・湘南新宿ライン) 武蔵小杉駅スピーカー(横須賀線・湘南新宿ライン)
こちらの駅名標はLEDナンバリング新型が設置されています。駅は1面2線の島式ホームとなっており同じくラッシュ時はホームがとても混雑しやすいですね。スピーカーはユニペックス小丸型が設置されており音質はそこそこだと思います。

●その他●
武蔵小杉駅の駅名標(2010年3月12日まで) 武蔵小杉駅連絡通路
左の写真は横須賀線新駅開業前まで設置されていた南武線の駅名標です。新型が使用されていました。右の写真は南武線と横須賀線の連絡通路で歩く歩道も用意されています。

 トップページへ  駅調査ガイドへ