鉄道研究室ネット

東急5080系   メトロ9000系    都営6300系   埼玉高速鉄道2000系   

MG:東急目黒線の駅ガイド

<東急目黒線とは>
 東急目黒線とは東京都品川区の目黒駅から神奈川県横浜市の日吉駅までを結ぶ路線です。また東急目黒線は目黒駅で東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線と相互直通運転を しており日中はほぼ全列車が各路線に乗り入れしています。また東京メトロ南北線は赤羽岩淵駅で埼玉高速鉄道線に直通しているので埼玉高速鉄道が当路線に乗り入れること も終日にわたって行われています。南北線・埼玉高速鉄道線側は浦和美園駅まで三田線側は西高島平駅まで乗り入れています。また東急目黒線の田園調布から日吉間は東急東 横線と並行して走っています。2008年6月までは武蔵小杉まででしたが現在は日吉駅まで延長されました。また東急目黒線は全駅にホームドアが設置されています。東急目黒 線を走る種別は各駅停車と急行の2種別のみです。各駅停車は名前の通り目黒線の各駅に停車します。日中の本数は毎時8本で一部の列車は武蔵小山駅で急行列車の待ち合わ せをしています。また殆どの列車が南北線・三田線と直通運転をしています。ラッシュ時には数本ですが当駅始発・止まりの列車もあります。急行の停車駅は目黒、武蔵小山、 大岡山、田園調布、多摩川、武蔵小杉、日吉です。急行は全列車が南北線・三田線に直通運転を行っています。急行の日中の本数は毎時4本です。日中は武蔵小山で各駅停車 との連絡をとります。また目黒線全線で急行と各駅停車の連絡がとれる駅は武蔵小山駅のみとなっています。
 目黒線はほとんどの区間が地下線となっています。目黒駅を発車した列車はしばらく地下の中を走り途中で地上に出て不動前駅に到着します。不動前駅に到着すると再び 地下にもぐり武蔵小山駅に到着します。西小山・洗足としばらく地下の中を走っていきます。そして洗足を出ると再び地上に出たと思いきやまた地下に入り大岡山駅に到着 します。この駅では同じホームで大井町線と乗り換えることが出来ます。大岡山を出ると地上に出て奥沢駅に到着します。そして田園調布駅到着前に再び地下に入り田園調 布に到着します。この付近は高台で高級住宅地が広がっています。そして標高が低くなり地上に出て多摩川を渡ります。隣には東横線の車両も見ることが出来ます。そして 高層ビルやマンションが見えてきたら武蔵小杉駅に到着します。武蔵小杉は年々発展しておりマンション開発なども盛んにおこなわれています。そして丘陵地帯が見えしば らく住宅地の中を走っていくと列車は終点の日吉駅に到着します。
 目黒線で使用されている車両は東急の3000系や5080系が使用されています。また地下鉄線からの乗り入れ車両として南北線の9000系、三田線の6300系、埼玉高速鉄道線の 2000系が使用されています。東急目黒線の中に3社の車両を見ることが出来て車両が豊富だと思いますね。

駅名各駅急行乗り換え路線
目黒
JY:JR山手線  N:地下鉄南北線(直通運転)  I:都営三田線(直通運転)
不動前
武蔵小山
西小山
洗足
大岡山
OM:東急大井町線
奥沢
田園調布
TY:東急東横線(渋谷方面)
多摩川
TM:東急多摩川線
新丸子
武蔵小杉
JN:JR南武線  JO:JR横須賀線  JS:JR湘南新宿ライン
元住吉
日吉
TY:東急東横線(横浜方面)  G:横浜市営地下鉄線

※東急東横線は田園調布〜日吉間は当路線と並行して走ります。

 トップページへ  駅調査ガイドへ