鉄道研究室ネット

    成田線E231系   成田線E231系

成田線の駅ガイド

<成田線とは>
 ここでいう成田線とは我孫子〜成田までを結ぶ我孫子線の事を指します。千葉県の我孫子駅から同県の成田駅までを結ぶ路線であり一部列車は我孫子から常磐線と直通運転 をしています。松戸・柏方面から成田駅を結ぶ重要な路線でもあります。成田線の種別は普通列車のみです。快速列車などはありません。基本的に我孫子から成田間は運転し ていますが前述したように列車によっては常磐線と直通運転をしており上野・品川方面へつながっています。1日に数本ですが品川始発の成田行きもあります。日中の本数は 毎時2本でそのうちの1本は常磐線からの直通電車です。ラッシュ時になると本数も増えます。成田線は全区間単線で電化路線であります。
 我孫子駅を発車した列車はしばらく我孫子市の住宅地の中を走っていきます。上野方面から下っていくと複々線区間から一気に単線となります。住宅地の中を進んでいき 湖北駅に到着します。湖北駅は利用客も多く駅の南側には住宅地が広がっています。新木駅付近から水田地帯となりローカル度も高くなります。またこの付近から利根川と 並行して走っていきます。布佐駅と木下駅は利用客も多く高校生の利用が目立ちますね。駅前には住宅地が広がっておりラッシュ時は混みあうことが多いです。水田地帯と丘 陵地帯を走っていくと安食駅に到着します。安食駅は成田線の主要駅で住宅地も多くあります。少なからず東京方面の通勤圏ともなっているそうです。安食を出ると線路は南 東方向へ進んで丘陵地帯を走っていきます。成田スカイアクセス線の高架橋の下を通ったあたりから住宅地も増えて終点の成田駅に到着します。
 成田線で使用されている車両はE231系の松戸車が使用されています。10両編成と5両編成がメインです。

<成田線の発車メロディー>
 成田線の発車メロディーはベルとテイチク製の曲がメインです。安食1番線では「farewell」が使用されています。この曲は五日市線や新宿駅で使用されており使用駅も 少ない貴重な曲です。木下1番線では「星空の下」が使用されており新前橋駅や西船橋駅で使用されています。この曲も同じく利用駅は少なめです。成田駅ではスイッチ製 のメロディーが導入されています。収録難易度としては全体的に日中は途中切りが多く、ラッシュ時でも途中切りされることがあるのでレベルは高いです。また発車ベルを 操作しない列車もあるのでレベルはかなり高いと思われますね。全駅フルコーラス収録が出来たらパーフェクトだと思います。

駅名普通乗り換え路線
我孫子
常磐線  ○常磐線(各駅停車)
東我孫子
湖北
新木
布佐
木下
小林
安食
下総松崎
成田
成田線(銚子方面)  ○成田線(成田空港方面)  ○京成電鉄

 トップページへ  駅調査ガイドへ